ホンモノのエンジニアになりたい

ITやビジネス、テクノロジーの話を中心とした雑記ブログです。

IPA基本情報の価値は?


ITニュースエントリです。
今回はこちら。

www.nikkei.com

要約

IPAの基本情報技術者試験で9歳の子が合格した。最年少更新!
そして、IPAの担当者が以下のようにコメント。

9歳の合格者について「あすからでも顧客企業のシステム開発に関われる水準」と話している。

元のニュース自体が短いので要約は以上です。

所感

私がSIerに勤めていたときに、何度受験しても、どんな試験対策講義を受講しても合格できなかった社員がいましたので9歳で受かるなんてホントにすごいと思います。
いま19年春の問題をザァーっと見てみましたが、問題文中にはこんな言葉が普通に出てきています。
機械学習、冗長構成、最適化、電子政府推奨暗号、秘匿性、脆弱性

問題を読めて、内容を理解し、正解の選択肢を選べるってホントすげぇなと思います。

19年春の問題が公開されているページ
IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:問題冊子・配点割合・解答例・採点講評(2019、平成31年)

素直に称えたい。


さて、「すごい!」と賛辞の言葉を並べてはい終了とは行きません。そのためだけにこのエントリを書いているわけではありません。

もう一度引用しますけど、ここね。

9歳の合格者について「あすからでも顧客企業のシステム開発に関われる水準」と話している。




言いたいことがある。

<その①>
ちゃっかり「基本情報合格=仕事できる水準」アピールしてんじゃないよ!
水を差したいわけじゃないけど、基本情報に合格した=仕事できる水準ではないと私は思います。無理です。別にディスりたくて書いているわけではないんですが、IPAの試験ってベンダー非依存の試験問題になるため、例えばデータベースの問題にOracle固有の何かが出題されるってことがありません。つまり仕事内容・作業内容に直結する問だけで構成されている試験ではないんですよね。

「基本情報に合格した」=「仕事の前提として持っているといざという時に役立つかもしれない基礎の知識がある。仕事できるかは知らん」ということなら納得なんですが。


<その②>
「顧客企業のシステム開発に関われる水準」って書かれてますけど、なぜ「顧客企業のシステム開発」なんだろうか?普通に企業のシステム開発って言えば良いんじゃないだろうか。

  • 顧客企業のシステム開発と自社向けシステム開発に違いがある?

うーん試験問題の枠の中で考えたら違いは無い気がするなー

  • システム開発=顧客企業のシステムと考えている?

これがこの担当者の発言の意図だと私は推測しています。
全部が全部そのように考えているわけではないでしょうけど、現実を見た場合の国内IT産業のメインストリームは昔から変わらず「システム開発=顧客企業のシステム開発」になっているので、そのような現実を見た表現なのだろうと思います。
別に外注が悪、内製が正義、と単純に考えているわけではありませんが、世界的トップ企業は内製している率が高いとも聞きます。IPAにとっては、企業のシステム=外注するもの、なのだろうか。またその考えを正しいと思っていて日本のIT業界をそういった方向に持っていきたい(厳密には維持したい)と思っているのだろうか。

単に現実を見て口から出てきた表現なのか、それともその事実が望ましい状態と考えているのか、真実はわかりません。冒頭で紹介した記事を見た瞬間に、私の頭の中の”何かおかしいぞセンサー”にびびっときたので、このエントリを書いてみました。これ以上は推測どころか邪推・言葉狩りになってしまいかねないのでやめておきます。

以上。